~健康が食生活を変える最大の動機であり、消費者の7割が健康的な食生活を長期的に続けると回答~

クアラルンプール、マレーシア - Media OutReach - 2020年12月22日 - 世界的なニュートリションカンパニーであるハーバライフ・ニュートリション(Herbalife Nutrition)は、同社が実施した「2020年 食生活調査(2020 Diet Decisions Survey)」の結果、アジア・パシフィック地域の消費者は以前よりも食事と運動量を増やしており、58%の消費者がそれによって「ニューノーマル」時代により健康になれると考えていることが分かった。オーストラリア、インドネシア、日本、マレーシア、フィリピン、韓国、台湾、ベトナムのアジア8カ国の消費者8,000人から回答を得たこの調査は、食生活やライフスタイルにおける最近の変化とその背景にある動機も含めて明らかにすることによって、より多くの人たちに栄養やライフスタイルに関するより良い習慣を取り入れるよう促し、今後、この地域の人たちの全体的な幸福度を高めていくことを目的に実施した。

 

ハーバライフ・ニュートリションのスティーブン・コンチ-上級副社長兼アジア・パシフィック地域担当マネジングディレクターは「ライフスタイルを改善する余地は常にありますが、特に、その変化が個人の健康に継続的な結果をもたらすことができる場合はなおさらです。今回の調査では、果物や野菜などの植物性の食品を食べ、肉類の消費量を減らしている人が増えていることがわかった。実際、栄養価の高い植物性タンパク質を摂りたいと思っているものの、何から始めればよいかわからないと考えている消費者が多く、毎日の食事でより良い判断ができるようにするために、一般向けにより幅広く栄養についての教育が必要であることが明らかになった」と述べている。

 

さらに、「簡単に従うことのできる食事プランや健康とウェルネスについていつでも利用できるコーチング、便利な代替メニューの提供を通じて、消費者が実行しやすい環境を作り出すことができる。その意味でHerbalife Nutritionは、より多くの人がより健康的な食事の選択肢と栄養に関する正確な情報にアクセスできるようにして、長期的にもっと健康的で活動的な生活習慣を形成していくようにすることができる」と述べた。

 

消費者は以前よりも健康的な生活が送れると確信

調査によると、回答者の39%が今年、食生活を大きく変えたと答えており、その割合はインドネシア、ベトナム、フィリピンの順に高くなっている。食生活を変えた動機としては以下の順に多く挙げられていた。

 

o   自分の健康のため(77%)

o   ダイエットのため(39%)

o   食費を抑えるため(31%)

o   環境に配慮するため(24%)

 

他の時期ではなく、今年、食生活を効果的に変えるための行動を起こした主な理由としては、以下が挙げられている。

 

o   もっと健康に良い食品について調べる時間があったから (52%)

o   料理をする時間が増え、新しいレシピを学んだから (40%)

o   家にいる時間を何かポジティブな変化のために使いたかったから (36%)

 

食生活を変えるだけでなく、回答者の56%が以前よりも運動をするようになったと答えており、その割合はベトナム、フィリピン、インドネシアの順に多くなっていた。

 

植物性食品への移行

詳しく見てみると、食生活を変えたと答えた消費者の49%が「果物や野菜を多く食べるようになった」、46%が「肉を食べる量を減らした」、39%が「植物性食品を多く取るようになった」と回答している。

 

さらに、41%が「食品を選ぶ際に、以前よりも植物性食品を選ぶようになった」と回答しており、この割合はフィリピン、ベトナム、マレーシア、インドネシアの各国でより高くなっていた。

 

しかし、回答者の58%が「食事にもっと多くの植物性たんぱく質を取り入れたいものの、どこから始めればよいかわからない」と答えており、こうした傾向はベトナム、フィリピン、インドネシアの3カ国の消費者に特に強く見られた。

 

食生活の変化を長期的に維持することで健康への好影響を期待

食生活を変えることによる影響について、消費者の大多数(83%)が健康面でプラスに働くことを指摘した。さらに68%が、今年始めた食生活の変化は他の時期に行った変更よりも長く続くと考えており、結果として82%が今後も当面、この変更を続けていく予定だと回答していた。

 

ニューノーマルにおいて消費者が新たな食生活を維持するために役立つこととして、「簡単に従うことのできる食事プラン」(54%)がより健康的な食事パターンを維持するための要素として最も多く挙げられた。さらに41%が「健康とウェルネスのことを教えてくれるコーチ」、40%が「調理に時間のかからない便利な代替メニュー」が役に立つと回答した。

 

Talk to Media OutReach today

Let Media OutReach help you achieve your communication goals. Send an email to info@media-outreach.com or click below. You will receive a response within 24 hours.

Contact us now